沿革

1984年12月 日本初のIR専門会社として設立
1985年1月 上場企業向けにアニュアルレポートの企画・作成業務支援を開始
1988年4月 日本初のIRコンサルティング業務の開始/IR専門書の発行
1990年4月 日本初の個人投資家向けマガジン「ジャパニーズインベスター」の発行
1997年10月 日本初の外国人・国内機関株主判明調査の開始
1998年5月 日本初のSR(Shareholders Relations・議決権行使支援)コンサルティング業務の開始
1999年10月 日本初の常任代理人・カストディアンネットワークの構築
2000年4月 日本初のバイサイドネットワークの構築
2001年4月 日本初のアナリストネットワークの構築
2002年2月 全米機関投資家協会(Council of Instuitutional Investors)の名誉国際参加者に登録
2003年11月 本社を港区青山ビル11階に移転
2004年3月 日本のIR・SR専門会社として初のニューヨーク・オフィスをマンハッタン・マディソン・アベニューに開設
10月 社団法人投資信託協会より投資信託評価機関の認定を取得
2005年2月 日本初のIR資格講座の開始
9月 日本初の敵対的買収監視レーダー「StockWatch」を構築
2006年3月 個人株主向けIRサイト「株主ひろば」の開設
2007年3月 日本初の外国人議決権行使動向検索システム「ProxyWatch」の構築
2008年2月 日本初の機関投資家向けIR・SR活動総合管理システム「IR-Pro」の構築
7月 日本初の外国人・国内機関投資家照合システム「InvestorWatch」の構築
2011年3月 IR・SR専門のコンサルティング会社として初めて東京証券取引所JASDAQスタンダード上場
(証券コード6051)
2012年3月 独立系のIR・SR専門会社として初めて第一種金融商品取引業者登録
「関東財務局長(金商)第2624号」
3月 独立系のIR・SR専門会社として株式事務代行機関の承認
(東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所)
4月 株式事務代行業務(証券代行業務)の開始(業界40年振りの新規参入)
2013年4月 日本初のコミットメント型ライツ・オファリングの発行、投資銀行業務の開始
2014年1月 日本初のエンゲージメント調査の開始
1月 日本初のエンゲージメントプラットフォームの構築
6月 日本初の外国人・国内機関株主・個人株主総合管理対応システム
「DSMS(Degital Shareholders Manegement System)」の構築
11月 外国人機関投資家・アナリスト向け情報配信システム「IR‐Newswire」の構築
2015年2月 IR Japan Holdings, Inc.の設立、東京証券取引所JASDAQスタンダード上場
(証券コード6035)
2月 本社を千代田区霞が関ビルディング26階に移転
6月 監査等委員会設置会社へ移行
2017年3月 社外取締役紹介ネットワーク「ID(Independent Director)-Search」の構築
6月 宅地建物取引業者免許の取得「東京都知事(1)第100534号」