株主提案対応実績

当社がこれまで対応した株主提案対応の実績の一部です。

発行会社側支援実績

A社(時価総額1兆円以上)のケース

  • 個人株主複数名が定款変更議案を含め2議案の株主提案を実施
  • 保有上位の機関株主を中心にSR訪問を実施し、株主提案は2議案とも否決

B社(時価総額1兆円以上)のケース

  • 個人株主がガバナンス改善に関する定款変更の株主提案を実施
  • 機関投資家比率が高く、保有上位の機関株主を中心にSR訪問を実施し、株主提案は全議案否決

C社(時価総額500億円以上)のケース

  • 周辺事業を営む事業法人X社より水面下でC社株式の大量買付けの用意があり、敵対的買収になることも辞さないと告げられる
  • 買収防衛策の活用等を材料とした水面下でのX社との交渉を包括的にサポート。X社からの潜在的な買付け意向を退ける

D社(時価総額100億円以上)のケース

  • 大株主Y氏(創業家)より、経営権を取り戻すため株主提案を行うと告げられる
  • 水面下でY氏の待遇を交渉することにより株主提案の取り下げに成功

E社(時価総額100億円以上)のケース

  • 競合X社が市場内で40%強を買い占めし、取締役過半数の送り込みを企図する株主提案を出す旨を告げられる
  • 水面下での交渉により、今後希薄化を伴う資本政策を行わないこと条件として株主提案の取り下げに成功

F社(時価総額100億円以上)のケース

  • 競合X社が市場内で約9%を買い占めし、今後の資本提携を迫り、買収防衛策の廃止を求める書簡が届く
  • 水面下で安定株主作りや緊密株主からの確実な賛成票確保により買収防衛策の可決に成功

G社(時価総額100億円未満)のケース

  • 取引先で大株主の事業法人X社より、総会当日の取締役再任議案での反対行使について水面下で継続的に揺さぶりを続けられていた
  • 過去実績に基づく弊社ノウハウを駆使し、入念な総会準備・運営をサポート。総会当日には取締役再任に至る

H社(時価総額100億円未満)のケース

  • 市場内で10%弱まで買われ、大株主と共同(合算して約40%の保有)して取締役総入れ替えの株主提案が出される
  • 個人株主からの賛成票獲得活動を推進することで、株主提案の否決に成功

株主提案者側支援実績

I社(時価総額100億円以上)のケース ※当社はX社側支援

  • X社が同業のH社に対して、業容拡大を目的にTOBの実施を検討
  • TOB応諾と総会議案の事前賛否シミュレーション等を通じてX社の合理的な判断を包括的にサポートし、結果として案件見送り

お問合せ先 /投資銀行第三本部  TEL:03-6256-0593

お問い合わせフォーム

※お問い合わせに関しましては秘密保持を徹底管理いたします。