寺下史郎の経歴等

寺下史郎について

プロフィール

1977年3月北海道札幌東高等学校卒業
1982年3月青山学院大学 経営学部卒業
1982年11月株式会社AIA(現 The IR Corporation) 入社
1996年4月株式会社日本IR研究所(上記子会社) 企画部長
1997年10月株式会社アイ・アール ジャパン 企画開発グループマネジャー
2001年1月同社執行役員
2004年9月経済産業省「企業価値研究会」委員(現任)
2006年6月同社取締役専務執行役員
2007年4月同社取締役副社長
2007年12月同社代表取締役社長 兼 CEO
2008年4月同社代表取締役社長・CEO(現任)
2012年3月経済産業省「コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会」委員(現任)
2015年2月株式会社アイ・アールジャパンホールディングス代表取締役社長・CEO兼職
寺下史郎

アイ・アール ジャパンへ入社する以前は、AIA社(現 The IR Corporation)にて、イトーヨーカドー社等、本邦企業初期の米国上場(ADR)に関する情報開示活動を草分けとして支援してきました。日本にまだIRという考え方が確立されていない時代から今日まで、30年以上一貫してIR活動の普及に努めてきました。平成9年アイ・アール ジャパンへ入社後、ソニー社において日本で初めて外国人・国内実質判明調査等プロキシーソリシテーション(議決権行使促進業務)を開発し、新しい時代での議決権の安定的確保に成功しました。その概念を株主向けSR活動(Shareholder Relations)と名付け、日本を代表する企業500社強へ導入を普及させました。委任状争奪戦案件では、第一三共vs村上ファンド(第一三共側)、サッポロHDvsSPJ(サッポロHD側)、統合案件においては、国際石油開発・帝国石油(現国際石油開発帝石)、三越・伊勢丹(現三越伊勢丹HD)等、さらにはオリンパス社の臨時株主総会及び、定時株主総会を会社側に立ち成功裡に終了させ、最近では、メディネット社の経営権を争うプロキシーファイトにおいて、株主提案者である創業者側のアドバイザーとして、5万人の株主を有する株主総会で株主提案側が会社側に勝利する実例を示しました。 こうした実績により、経済産業省における日本企業の買収防衛を諮問する「企業価値研究会」委員を設立当初から現在に至るまで拝命しております。さらに、2011年、金融庁より第一種金融商品取引業の登録を受け、株券電子化が進むなかにあって、世界的に遅れをとっている我が国の証券代行業務に40年振りに新規参入し、同業務のグローバルスタンダードへ改善に力を注いでおります。

出演したTV番組

ビジネス・ブレイクスル― アントレプレナーライブ

一橋大学教授 米倉先生との対談でIR Japanの会社概要から寺下史郎の生い立ちなどがわかる内容となっております。

寺下史郎のおすすめ書籍

変わるコーポレートガバナンス

変わるコーポレート・ガバナンス

こちらの本は、2015年3月24日に森・濱田松本法律事務所主催で開催されたコーポレートガバナンス・コードに関するセミナー内容が記載されている本です。このセミナーの「コーポレートガバナンス・コードへの対応」プレゼンテーション・パネルディスカッションにパネリストとして出席しました。

M&A資本主義

M&A資本主義

こちらの本の一節には、アイ・アールジャパンの創設者である鶴野史朗氏と寺下史郎との出会い、また日本においてIRの時代からSRが主流になっていく転換点などが記されています。アイ・アールジャパンの原点と、時代のニーズに合った新たなビジネスを自ら創り上げていくことの大切さを知ることができます。

正法眼蔵随聞記

正法眼蔵随聞記

こちらの本は、アイ・アールジャパンへ入社する前に今後について悩んでいるときに図書館で見つけ、読み始めました。この本にある「人間はそんなにいくつのことをできるわけではない、自分の過去を捨てて何になるのか?」という一節がある日の朝、ひらめきました。その時考えたことが、今日のSRコンサルティングの活動につながっております。