TOKYO PRO Market上場支援

TOKYO PRO Marketは成長力のある企業に新たなメリットを提供する市場として2009年に開設された、TOKYO AIMを前身とするプロ投資家(特定投資家)を対象した市場です。企業がTOKYO PRO Marketに上場する際欠かせない役割を担うのが「J-Adviser」です。TOKYO PRO Marketは、東証の本則市場、JASDAQ・マザーズと並ぶ上場市場です。

サービスの特長

東京証券取引所が運営するプロ向け市場

ロンドン証券取引所のAIM市場をモデルに、2012年から運営が始まりました。TOKYO PRO Marketは、東証の本則市場、JASDAQ・マザーズと並ぶ上場市場であり、主にプロ投資家に向けて公開された新興市場です。上場時のファイナンスも可能です。

TOKYO PRO Marketを選択するメリット

  • 上場することで企業としてのステイタスが上がります。
  • 上場要件や開示義務が一般市場に比べ大幅に緩和されています。
  • 監査証明が直近一期で足り、短期間で上場しやすい市場です。
  • 上場により信用力が上がることで、事業承継M&A等をスムーズに行うことができます。
  • TOKYO PRO Marketで取引されている株価を相続税評価額として活用できます。

上場するには(J-Adviserの必要性)

上場とその後の上場維持には、東証から特定業務委託を受けたJ-Adviserとの契約維持が要件となっています。J-Adviserは上場適格性の調査・確認、上場後のモニタリング、開示アドバイスなど東証の定める業務を行います。当社では所定の業務のほか、上場準備の支援についても企業の規模や成熟度に応じて柔軟に対応いたします。実際の業務にあたるのは東証からその知見につき認定を受けた「J-QS」と呼ばれる資格者です。上場される企業とJ-Adviserは長期にわたるお付き合いになるため、信頼できるJ-Adviserとご契約いただくことが重要になります。

J-Adviser業務の流れ

J-Adviser業務の流れ

2017年にはTOKYO PRO MarketからJASDAQに市場変更する企業も現れ、成長企業の市場として注目度が高まっています。また、事業承継の際の選択肢としてなど、様々な活用の可能性がある制度です。詳細はお問い合わせください。

お問合せ先 /投資銀行第三本部  TEL:03-3519-6725

お問い合わせフォーム

※お問い合わせに関しましては秘密保持を徹底管理いたします。