外国人株主判明調査

株主名簿上の外国人名義を構成する海外運用機関の株式保有状況を調査いたします。

サービスの特長

日本株の判明調査に徹する専任リサーチ部門を自ら構築

東京、NYの二大金融拠点に自社専任リサーチ体制を構築。国内判明調査とともに外国人判明調査においてもスピーディかつ精密な調査を実施し、また委任状争奪戦に対応できる自社専門スタッフが、平時さらには有事の対応に万全を期しています。

運用機関に関する幅広いデータを提供

株式保有が判明した運用機関の日本株運用に関する特徴や日本株保有状況をプロフィールとして提出。また、IR訪問上、最も重要な日本株担当ファンドマネジャー・アナリストを判明いたします。

グローバルベースの保有状況が把握可能

国内判明調査と組み合わせることにより、グローバルベースでの純投資保有状況が捕捉可能です。

海外SR活動への活用

株主総会における議案否決リスクの算定や議決権行使促進活動、委任状争奪戦(有事)に活用可能な正確なデータをご提供いたします。

海外パーセプション調査

外国人判明調査で判明した運用機関に対し、パーセプション調査を実施し、個別訪問先の選定や海外投資家のマーケットコンセンサスを調査いたします。

サービスの特長

東京、NYの専任リサーチ部門が直接ヒアリング

海外機関投資家の動向に精通した、東京およびNYの専任部門が直接ヒアリングを実施することにより、機動的かつ詳細なパーセプションの把握が可能となります。

投資家のニーズを正確に把握し、貴社にフィードバック

貴社株式をカバーする可能性の最も高いファンドマネージャー・アナリストにコンタクトすることにより、個別訪問要請の有無、IR活動上の要望点やマーケットコンセンサスが捕捉可能です。

国内最大規模の日本株専任担当者データを蓄積

当社NY支店を中心とした独自調査により、グローバルベースで約1,800名の日本株担当ファンドマネージャー・アナリストを常時把握しております。

効果的な個別訪問先選定を実施

定量分析(株主判明調査)に加えて、定性情報を中心とするパーセプション調査を実施することにより、潜在投資家を含めた効果的な個別訪問先の選定が可能になります。

お問合せ先 /IR・SRコンサルティング事業部  TEL:03-3519-6721

お問い合わせフォーム

※お問い合わせに関しましては秘密保持を徹底管理いたします。