ディスクロージャーコンサルティング

ディスクロージャーツールでは、情報の受け手であるターゲット層を明確化し、中期経営計画や国内外におけるビジネス展開の進捗など、企業ステージに応じた情報を戦略的に発信することで効果が得られます。 特に近年では、自社の経営理念やビジネスモデル、戦略、ガバナンス、無形資産等を統合的に伝え、投資家との対話の質を高めることで、企業価値創造に向けた自社の経営のあり方を伝えることが求められています。
当社では、IR・SR活動を行う上での課題・問題点を洗い出し、最適な情報開示ツールの組み合わせ、構成内容、情報発信方法など、総合的なディスクロージャー支援を実施しています。

サービスの特長

統合報告書・アニュアルレポートの企画・制作における当社の特長

  • 国内外の機関投資家と強固なリレーションを通じた情報開示ニーズの把握
  • 年間50プロジェクト以上の豊富な支援実績(日経ARアワード受賞企業の支援を含む)

統合報告書やアニュアルレポートにおける実績例

  • 長期機関投資家をコアターゲットとし、SR活動やエンゲージメント活動に活用できる実務的な統合報告書
  • 無形資産やESG情報など非財務情報の統合的開示(IIRCフレームワーク対応)
  • 自社バリューチェーンに関与するステークホルダーの整理を踏まえた価値創造ストーリーの展開
  • 国内外の機関投資家パーセプション調査を踏まえた中期経営計画の訴求方法の設計

株主通信の企画・制作における当社の特長

  • 個人株主アンケートシステム「株主ひろば」を通じた情報開示ニーズの把握
  • 年間100プロジェクト以上の豊富な実績

株主通信における実績例

  • 友好的個人株主≒コア消費者と捉え、さらなる企業のファンづくりを狙った企画構成
  • 高齢株主層をメイン同社総と仮定し、高齢層の共感を生む企画、企業風土の見える紙面づくりの提案

IRサイトの企画・制作における当社の特長

  • 個人投資家、機関投資家のニーズを踏まえた企画力
  • アクセスビリティ、回遊性、インタラクティブ性などを踏まえた提案

IRサイトにおける実績例

  • 機関投資家の利便性に資する即時性に特化したサイト構築、長期財務資料のExcelデータ掲載
  • 複雑な事業モデルをビジュアルで分かりやすく解説した個人投資家向けページの構築

制作後のレポートをグローバルに配信

完成後のレポートを、国内・海外機関投資家約6,000名の日本株投資担当者にメール配信することで、潜在株主の獲得、投資対象としての認知度向上を図ります。制作費用、労力を要するレポートづくりで終わらず、効果的な活用を提案します。

制作後のレポートをグローバルに配信

お問合せ先 /ディスクロージャー事業部  TEL:03-3519-6723

お問い合わせフォーム

※お問い合わせに関しましては秘密保持を徹底管理いたします。