衆議員経済産業委員会において証券代行業界の現況と問題点に関する質疑が展開されました

5月19日開催の衆議院経済産業委員会にて、寡占状態となる証券代行業界の現況と、その問題点に関する質疑が展開されました。
当質疑は証券代行業の寡占体制、旧態依然な費用体系の問題に端を発し、独占禁止法における優越的地位の濫用の可能性や極めて特異な業界構造と解約手数料にまで議論が及びました。
詳細については、下記より開始時刻9時54分、松平浩一議員の質疑をクリックして頂きますようお願い申し上げます。

衆議院インターネット審議中継 

PageTop