SERVICE

東証プライム市場の上場維持に向けたコンサルティングサービス

2022年4月より東京証券取引所にて、現在の市場区分を、新たに明確なコンセプトに基づいた市場区分の見直しが予定されています。
上場会社の持続的な成長と中長期的な企業価値向上を支え、国内外の多様な投資家から高い支持を得られる魅力的な現物市場を提供することにより、豊かな社会の実現に貢献することが目的です。
当社では企業価値向上アドバイザリーとして、上場維持に向けた一貫したサポートをご提供致します。

東京証券取引所による市場区分の概要

東京証券取引所による市場区分の概要

プライム市場上場維持基準の概要

大項目 小項目 上場審査基準 上場維持基準 経過措置
流動性 株主数 800人以上 800人以上 800人以上
(改善期間1年)
流通株式数 20,000単位以上 20,000単位以上 10,000単位以上
(改善期間1年)
流通株式時価総額 100億円以上 100億円以上 10億円以上
(改善期間1年)
売買代金 1日平均売買代金
0.2億円以上
1日平均売買代金
0.2億円以上
月平均売買高40単位以上
(改善期間6ヶ月)
ガバナンス 流通株式比率 35%以上 35%以上 5%以上
(改善期間なし)
経営成績
・財務状態
利益実績(A) 最近2年間における
経常利益の額が25億円以上
売上実績(B) 最近1年間の売上高が
100億円かつ
上場日における時価総額が
1,000億円以上
財政状態 純資産が50億円以上

アイ・アールジャパンのプライム市場での上場維持に向けた企業価値向上アドバイザリー

支援概要

  • プライム市場での上場維持を目的とした企業価値向上策を、資本政策、事業戦略、及びコーポレートガバナンスの面から立案
  • 当該企業価値向上策は、貴社経営の独立性と安定性を尊重

これまで、アイ・アールジャパンにてご支援した企業は、中期経営計画発表後の株価パフォーマンスはいずれも年初来高値を更新。

CONTACT

お問い合わせはこちらから

お電話でお問い合わせ

03-3519-6721

WEBからお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PageTop